Bruxism
 ● HOME
 ● ブラキシズムとは
 ● 歯軋り(歯ぎしり)
 ● 食いしばり
 ● 治療方法
 ● 顎関節症
 ● 知覚過敏
 ● 頭痛・首肩こり
 ● 歯周病の悪化
 ● ページ一覧
 原因

 原因として考えられるもの

 歯軋り食いしばりの根本的な原因にはまだ不明な点が多く存在していますが、現在原因とされているのは以下のようなものがあります。

・癖、心因性、ストレス性によるもの
圧倒的大多数がこのタイプ。ゆううつや不安など、潜在的心理的なものがあり、歯ぎしり、食いしばりをすることによってストレスを発散させていると考えられます。

・習慣性によるもの
職業、職種によるものなど。極少数。
力を入れる職業に出るといわれていますが、実際にはとくに関係がないと考えられます。

・内因性、咬合性によるもの
噛み合わせの異常や顎の変位、不適合の金属冠など。極少数。
当クリニックの統計では咬合の変化によってより強く現れる傾向があり、歯ぎしりをしやすいかみ合わせがあると考えられます。

・その他 小児期にみられるもの
永久歯と乳歯の入れ替え時期におこる不快感など。
子供の歯ぎしりは問題ありません。



 日々の始まりには良質な睡眠を十分得ることが大切です。しかし、睡眠障害に悩む多くの人は良質な睡眠を十分に得ることができません。歯ぎしりも睡眠障害の中の一つです。興味深いことに他の睡眠障害の鼾(いびき)、睡眠時無呼吸症候群、寝言がある人は歯ぎしりをすることとレム睡眠と呼ばれている浅い睡眠中の急速眼球運動時に発生する共通点があります。

 最近の研究では浅い睡眠、深い睡眠に関係なく歯ぎしりはすると研究結果が出ています。睡眠の質も考えられますが、日常生活の延長で歯ぎしりをしているのではないかと推測しています。

 とくにギリギリと軋音を発生させるため、他人の睡眠を著しく妨げることがある他、歯に負担がかかり、割れる、折れる、顎の痛みや頭痛などの様々な症状が現れます。最近(2001年)の研究では様々な危険因子もあることがアメリカで発表されています。

 アメリカの研究







サイト内のコンテンツ転用はお断りいたします。

歯軋り・歯ぎしりによる歯の破壊と顎関節症
広川歯科医院白宝デンタルクリニック